JMUジャーナルNo.266発行

一般社団法人日本マンドリン連盟の機関誌JMUジャーナルNo.266が発行されました。

一般社団法人日本マンドリン連盟では機関誌JMUジャーナルを奇数月に発行、会員に配付して本連盟の主催行事についてお知らせするとともに、会員からの投稿により活動状況の情報交換の場としています。

 

一般社団法人日本マンドリン連盟では20189月に第26回日本マンドリン独奏コンクールを開催すべく準備を進めております。このコンクールの課題曲2曲が決まりましたので、今号で発表しました。また、このコンクールでは審査方法を大きく変えることになり、第一次予選は従来のような支部ごとではなく、録音を事務局(東京)へ送っていただき、審査を行う予定です。この手順の概要も今回掲載しています。

 

本連盟では311日に名古屋市で第48回定時総会を開催し、役員改選、第49期事業計画および予算を承認しました。この内容を今号で報告しています。

 

本連盟副会長の工藤哲郎さんによる「マンドリン略史」は、日本のマンドリン作曲家18名を写真付きで紹介しています。

 

添付楽譜はメキシコのホセ・パブロ・モンカイヨによる「ウアパンゴ」の第121小節~第240小節までです。

 

関東支部だより(ブリランテNo.311)には、56に関東地区で開催予定のコンサートの一覧を掲載しています。

 

 

東北支部、中部支部、関西支部からもそれぞれの地区のコンサート予定表が提供されています。