JMUジャーナルNo.247発行

一般社団法人日本マンドリン連盟の機関誌JMUジャーナル第247号が発行されました。
一般社団法人日本マンドリン連盟では機関誌JMUジャーナルを奇数月に発行、会員に配付して本連盟の主催行事についてお知らせするとともに、会員からの投稿により活動状況の情報交換の場としています。
本連盟主催の第24回日本マンドリン独奏コンクール本選は本年10月19日に三重県四日市市で開催予定です。本号に実施要領を掲載しています。このコンクールの第一次予選は5月~8月に全国7地区で行われます。
このコンクールの課題曲2曲の楽譜に誤記がありましたので、その訂正も本号に掲載しています。
イタリアのマンドリニスト、ドリナ・フラティさんが昨年11月に来日、仙台と神戸でリサイタルを行いました。仙台でのリサイタルについて、主催の高橋五郎氏のレポートと地元在住の作曲家佐々木隆二氏、佐藤博幸氏による評が寄せられました。
本連盟副会長の工藤哲郎さんによる「マンドリン略史」は、1916年武井守成によるシンフォニア・マンドリニ・オルケストラの創立から1949年の武井守成の死去までと、武井音楽文庫についてです。
本号には、2013年に発行したJMUジャーナルNo.240~245の総目次も掲載しました。
関東支部だより(ブリランテNo.292)には、関東支部総会の報告と3月~5月に関東地区で開催予定のコンサートの一覧を掲載しています。